So-net無料ブログ作成

武士の一分 [映画]

こんばんは、久方ぶりのSONIです。

今日は某タクの字主演の映画、武士の一分を見てまいりました。

しっとりとした夫婦のドラマにしっとりと感動。
内容はあってないようなモノでしたが素敵な感じの映画でした。

最初はチャンチャンバラバラな剣戟の映画かと思ってたのでちょっと拍子抜けでしたけど。

あのゆったりと時が流れる感じが味なんでしょうねぇ。
グット。

次はプリ夫が出てる刑事ものを見てみたいな。


『父親たちの星条旗』 [映画]

できうる限り丁寧な挨拶を済ませたところで
じわじわとスタートしていきたいと思いますよっと。

先日、硫黄島をテーマに描いたあの映画を見てきました。
『父親たちの星条旗』です。

父親たちの星条旗

クリント・イーストウッド監督が日米両国の視点から描いたという、
硫黄島の決戦2部作のアメリカ版ですな。

世間の評判は中の上といったところなのかな?

ぇー、ナイス映画だったと感じている方には申し訳ないですが、
私の評価は中の下といったところで落ち着かせてもらいます。

てことで日本版は見に行かないでしょう!

内容は戦争を写実的に描いたとでも言えばいいのかなー。
戦争写真がそのシーンから動き出すような再現度で、実に迫力があった。
あの場所にいたら絶対助からない、
ヒリヒリするような緊張感が伝わって来ましたよ。

見所はそのくらい。

その他は終始米海兵隊の3人を淡々と追っていく、と。
そんな映画です。

戦場シーンはすごいからそういうの好きな人はいいかも。
ものすごい残酷な絵ですが。
その辺のゲームなら18禁シール何枚はっても追いつかないくらい残酷。
もう見たくないって思うほどにね。

なので『硫黄島からの手紙』は見ません!
内容的には日本版の方がストーリーがあって面白そうなんだけどなー。
残酷なのはイヤです。
じゃぁ見るなって?ごもっとも。

実は予告編で流れた某キムタク主演の『武士の一分』のほうがよっぽど良さそうだったのはヒミツ。
予告編には不思議な魅力があるね!

そういえばこの『父親たちの星条旗』の予告編も見たいと思わせたな・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。